2016年12月22日木曜日

オスカルの移籍に関して思うところ

 オスカルが中国へ行く。移籍金は6000万ポンドと極めて破格、そのあまりに眩しいその数字を前にして首を横に振ることができるわけがない。

 この大金で何ができるだろうか。単独首位で迎える冬の移籍市場では大きな後押しとなる。CL出場収入を失ったクラブから見れば貴重な収入ともいえる。つい先日、クラブは最新の財務状況についてHP上で報告を行ったが、過去最高収入を記録しながらも諸々の例外的な出費(モウリーニョ解任、アディダスとの契約解除、エヴァ訴訟)によって約7000万ポンドの赤字を計上した。オスカルの移籍金と今後彼に支払われるはずだったサラリーを合算すれば、この損失は十分に補填することができる。

 最高のビジネスだ。それなのに、この移籍をどこか受け入れられない。割り切れない。それは移籍先が中国だからでも、彼がまだ若いからでもない。


 チェルシーでのオスカル、と言われればだれもが思い出すシーンがある。ワンタッチでボヌッチをかわし、ピルロを欺き、ブッフォンに何もさせずにゴールを射抜いたあのシーンだ。そのゴールはファンタジーで満ちていた。ニューカマーの溢れる才能に誰もが心を躍らせた。

 だが、あれから4年も経過した今なお彼のベストモーメントは変わっていない。当時のチェルシーファンに「オスカルは4年後に移籍する。移籍金はなんと6000万ポンドだ。」と伝えたら、どう思うだろうか。移籍先はレアルマドリーか、バルセロナか。そのころにはマタ、アザール、オスカルの3銃士でどこまで世界をのし上がったか。どれだけ未来に心を躍らせるだろうか。しかしながら、残念なことに現実のシナリオは、4年間伸び悩み控えに成り下がった25歳が中国へ行くという想定しうる最悪のものだった。


 こうなるはずではなかったのだ。オスカルはチェルシーの宝石だったはずだ。どこで道を誤ってしまったのか。何がこの結果を招いてしまったのか。

 簡単に答えが出るものではない。キャリアを破壊するような怪我も、事件も彼には起きていない。アブ・ディアビのように、はたまたアダム・ジョンソンのように、直接的かつ明確な解答をオスカルに見出すことはできない。


 オスカルの4年間を振り返ろう。五輪での活躍を引っ提げて彼はロンドンにやってきた。64試合に出場し、12ゴール12アシスト。ファンは“マザカール”と前述の3銃士を呼び、彼らの織りなすファンタジアを楽しんだ。

 2シーズン目。チェルシーにモウリーニョが戻ってきた。モウはオスカルを“My No.10”と見定め、オフにコンフェデ杯を戦ったオスカルは前年度を上回る稼働を要求された。モウリーニョの要求は、攻撃的MFの本性ともいうべき創造性を犠牲にしてでも従順に、アグレッシブにプレスをかけハードワークを行うこと。その過程で要求を満たすことができず移籍へと至った選手もいた。結果、46試合に出場し11ゴール10アシスト。そして彼はオフにはそのまま母国開催のW杯へ出場した。

 シーズン中、彼は疲労からか明らかにパフォーマンスを落とした。事実、モウは自ら見定めた“My No.10”をそのシーズン最も重要だったCL準決勝アトレティコ戦の2試合共に起用しなかった。明らかに序列が落ちていた。しかし、彼を待っていたのはW杯でのさらなる疲労とミネイロンの悲劇による絶望、そしてバルセロナから加入したセスク・ファブレガスだった。

 溜まる一方の疲労、失われていく居場所、来ることの無いオフ、求められるのは更なるハードワーク。オスカルの悪循環が止まることはなかった。3シーズン目、41試合に出場こそしたが7ゴール9アシストと大きく数字を落とした。彼が創出する決定機の数も試合を追うごとに減少した。

 4シーズン目に先駆けて、ここまでリオ五輪から3シーズンで合計188試合を休みなしで走り抜けていたオスカルに、初めてのオフが訪れた。しかし、この休息がチームに還元されることはなかった。チェルシーフットボールクラブはこのシーズン崩壊した。1か月の負傷離脱もあり、オスカルにできることはほとんどなかった。リーグ戦27試合出場3ゴール3アシスト。念願のオフを経てポジション再奪取に意欲を燃やしたシーズンは過去最低のものに終わった。

 5シーズン目、崩壊したクラブを救うべくコンテがやってきた。コンテが当初採用した4-3-3システムの中で、オスカルは自ら獲得したエナジーとハードワークでポジションを得た。しかし、チームが3-4-3システムへと移行する過程で彼は再びポジションを失った。そして、今に至る。


 さて、私にはどうしても解せないことがある。オスカルがユーベ戦で魅せたような彼のファンタジアは、現行の343の2シャドーで輝けないのだろうか。彼が自由の中で人と連動することで生まれる創造性はきっとそこで輝くはずだ。それに期待するファンもまだ少なからずいる。彼の武器は433で居場所を勝ち取ったハードワークではなかったはずだ、ネクスト・カカと評された343で輝くファンタジアだったはずなのだ。

 しかし、残念なことに、目の前の、2016年のオスカルはもう当時の彼ではないのだ。ここまでの過程の中で、彼はゲームに違いをもたらせる選手から、従順な労働者に変質してしまった。ハードタックルを見舞ってボールを奪い、ボールを持てば失わないことを第一に考えリスクを冒さないようになってしまった。伸び盛りの時期に“Mourinho's No.10”として振る舞うことを強いられ、過労の中で愚直なまでに走り続けたことで彼に満ちていたファンタジーは、すっかり枯渇してしまったのだ。

 もちろん、モウリーニョを批判するつもりはない。彼の仕事は「強いチェルシー」を見せることであり、2冠をもたらしてくれた。終わり方こそ残念だったが、モウは要求に応えてくれた。チェルシーというクラブにおいて1選手の成長とクラブの成功では、天秤かけるまでもなく後者が重要だ。分かっている、分かっているからこそやりきれないだけだ。


 断言する。この、今のオスカルはチームに居場所はない。6000万ポンドという大金は願ってもないお年玉、最高のビジネスだ。それでも、何故こうなってしまったのかと、勝手とはいえ思い描いてた未来との解離があまりに激しいことに、どうしても割り切れない思いでいっぱいになってしまうのだ。


 Telegraphも、Gaurdianもオスカルの中国行きをキャリアの破壊と批判した。私も残念には思う。だが、一方で相反する気持ちも持ち合わせている。オスカルは走りすぎている、オスカルと同じだけプレーし、走り続けた25歳が世界で何人いるだろうか。彼はすこし休むべきなのだ。キャリア通算8シーズン目にして既に365試合を戦った彼にとって、この中国移籍は長期の有給休暇みたいなものなのだ。

 常に批判する文脈でしか用いられないが、オスカルはまだ25歳だ。しかし、逆に言えば、キャリアを取り戻す時間も十分にあるということである。オスカルにはいつか欧州に帰ってきてほしい、それがチェルシーでなくとも。ただ、休暇を経て、その時には枯渇してしまった彼らしさを取り戻していてほしい。あのユーベ戦のようなゴールをまた披露してほしい。


 オスカルを伸び悩んだと言う批判は存在してしかるべきだし、批判すること自体を否定する気はないが、彼をそう批判する気にはどうもなれない。これだけ彼はチェルシーのために走り続けてくれたから。最後には、破格の移籍金まで残してくれたから。チェルシーのオスカルを見ることができて良かった。まだ背番号が11だった時に購入したユニフォームを大事にしたい。

 ありがとう、オスカル。願わくば、いつまでも青い血が流れ続けていてほしい。


2016年12月20日火曜日

クロアチア代表メンバー発表(チャイナカップ)

2017年1月10日~15日(現地時間)で行われるチャイナカップに参加するクロアチア代表メンバーが発表されました。参加国は開催国中国、クロアチア、アイスランド、チリ。
代表メンバーは1月7日にザグレブに集合した後に中国へ移動、1月11日にまずチリと対戦します。その後、勝った場合は1月15日にアイスランド対中国の勝者と決勝戦を、負けた場合は14日に敗者と3位決定戦を行う予定です。

シューケル会長が「お金儲けのためにアジアツアーをやる」と予告していたものがこれに当たりますが、時期が時期だけに欧州各主要国でプレーする選手は招集できずに国内メンバー中心となりました。


▼GK
アンドレイ・プルスカロ(リエカ)
ドミニク・リヴァコヴィッチ(ディナモ・ザグレブ)

▼DF
マテイ・ミトロヴィッチ(リエカ)
ヨシップ・ピヴァリッチ(ディナモ・ザグレブ)
ボルナ・バリシッチ(オシエク)
マテオ・バラチ(オシエク)
ヨシップ・ユラノヴィッチ(ハイドゥク・スプリト)
ヤコヴ・フィリポヴィッチ(インテル・ザプレシッチ)
トニ・ダトコヴィッチ(FCコペル;スロベニア)

▼MF
ヨシップ・ミシッチ(リエカ)
マテ・マレシュ(リエカ)
フランコ・アンドリヤシェヴィッチ(リエカ)
マリオ・シトゥム(ディナモ・ザグレブ)
ドマゴイ・アントリッチ(ディナモ・ザグレブ)
ニコラ・ヴラシッチ(ハイドゥク・スプリト)
フィリップ・オゾビッチ(FKガバラ;アゼルバイジャン)

▼FW
アントニオ・ペロシェヴィッチ(オシエク)
マルコ・マリッチ(ロコモティバ・ザグレブ)


このうち、A代表招集歴があるのはGKリヴァコヴィッチ、DFミトロヴィッチ、ピヴァリッチ、MFマレシュ、アンドリヤシェヴィッチ、シトゥム、アントリッチの7人。このうち、ミトロヴィッチとピヴァリッチはA代表でもそれぞれ控えCBとレギュラーLSBとして居場所を確立している選手です。また、アントリッチも常に当落線上だが呼ばれてもおかしくない選手。
他にも、リヴァコヴィッチはEURO16合宿に呼ばれた将来の守護神候補です。マレシュは、2014W肺で中盤の隠し玉として本大会に招集された選手(その後怪我で辞退)で、久しぶりに声がかかった形となりました。

その他の選手で注目はMF登録のニコラ・ヴラシッチ。ハイドゥクの誇る有望株で欧州トップクラブも熱視線を寄せる期待のアタッカーです。ハリロヴィッチのような繊細な技術を持つアタッカーというよりは、強靭な体躯と圧倒的なスタミナで積極的に仕掛けていくタイプ。実はこの選手はアスリート一家に生まれた選手で、父親は元十種競技の選手、さらに姉は世界陸上棒高跳び金メダリストのブランカ・ヴラシッチ。この血統がニコラをアスリート性抜群の選手に育てあげました。

この大会が”本物のA代表”の強化に繋がるかは分かりませんが、1人でも新星が見つかるといいなと思います。せっかくのチャンスなので。


追記:ハイドゥクのHPによれば、u21代表のMFフラン・トゥドールにも招集レターを送っていたそうです。


A代表出場歴あり:DFミトロヴィッチ、ピヴァリッチ、MFマレシュ、アントリッチ、アンドリヤシェヴィッチ
A代表招集歴あり:GKリヴァコヴィッチ、MFシトゥム
世代別代表歴あり:DFダトコビッチ、MFミシッチ、オゾビッチ、ヴラシッチ、ペロシェヴィッチ、マリッチ
代表歴なし:GKプルスカロ、DFバリシッチ、バラチ、ユラノヴィッチ、フィリポヴィッチ


Hrvatski nogometni savezさん(@hns_cff)が投稿した写真 -

2016年12月14日水曜日

アザールの契約に関する備忘録

この前復活したフットボールリークスがフランスメディア「Le Soir」を通して曝露したものの備忘録。ただし、契約と言ってもリークされたのはアザールとチェルシーが最初に結んだものであって、契約延長した際に結び直した現行の契約ではないです。

- - - - - - - - - -

移籍金について

 移籍当初、チェルシーがアザールをリールから獲得する際に支払った移籍金は“4000万ユーロ”とされていたが、実際には“3500万ユーロ”であった。


サラリーについて

 当初の契約において、アザールのサラリーは初年度が年俸471万ユーロ、翌年度以降は500万ユーロとされていた。しかしながら、2015年2月の契約延長によってこれが契約書通りに履行されることはなかった。


付加条項について

 アザールの当初の契約には、付加条項が1つだけ設定されていた。その内容は『アザールがリーグ年間最優秀選手に選出された場合、ボーナスとして240万ユーロを受け取る』というものであった。実際に、アザールは14/15シーズンに年間最優秀選手に選出されたため、このボーナスを受け取ったことになる。




おまけ アザール加入時の報道